経営コンサルを名乗る

経営コンサルタントに必要なこと

企業の経営を支援するコンサル

コンサルタントという職業は、国家資格を必要としません。したがって、誰もが自分はコンサルだと言って名刺を作れば、もうそれで十分にコンサルを名乗ることが可能です。しかし、企業を経営する社長の片腕として、社長の判断や方針にミスはないか、社内の幹部職員をとりまとめ、社長の下で確固とした組織を作り上げることができるかは、コンサルの力量にかかっています。名刺を作っただけでコンサルとは言えませんし、民間企業の経営を熟知していないのに、社長をアシストすることなどできるはずがありません。長年の経験とノウハウ、卓越した幅広い識見と業界動向など、常に最新の情報を入手し、企業の舵取りをしていくだけの能力が必要とされる職業なのです。

経営のアドバイザー、コンサル

経営コンサルタントは主に会社や商店などの法人の事業についてアドバイスをします。第三者の視点から専門的知識に基づいて現在の状態を診断し、クライアントの要望を汲み取りながら改善案を提示したり、指導やサポートを行います。経営コンサルタントになるためには特別な資格は必要ありません。しかし、クライアントに的確なアドバイスをするためにはクライアントの業務内容に関する知識が必要になります。そのため、行政や医療など専門性の高い業種ではその業種で働いていた経験がある人が転職してコンサルティングを務めることがほとんどです。

経営コンサルタントの情報

↑PAGE TOP