経営の相談をする

経営コンサルタントとは

経営コンサルタント向け国家資格

国家資格とは、法律に基づき、各種の分野においてその人の能力や経験を判定したうえで、その業務に従事することを国として認知するものです。経営コンサルタントは、企業の診断や経営に関する助言を行う職業であり、その業務を遂行するためには、高度の専門的知識と豊富な経験、卓越した能力が必要であると言われています。そして、このコンサルタントとしての能力を国が認めた資格として中小企業診断士があります。中小企業診断士は、中小企業支援法という法律に基づくもので、現在、2万人近くの方が登録をしています。この方々の勤務実態をみると、全体の約1/4が独立していますが、残り3/4は企業などで働くサラリーマンが多いという現実があります。

経営サポートにコンサルを活用

企業を経営・運営するに当たり、外部のコンサルタントを上手に使い、自社に不足している側面を強化・補強する事は良くある事です。そんなコンサル活用にも2つの方法があります。第1はトップが外部の知恵でサポートしてもらう事で、決断の参考とするため、全般的にコンサルを受けると言う方法です。中小企業のトップが中小企業診断士などのコンサルを受けるのがこれに当たります。第2のコンサルとしては、自社のボトムアップ活動の仕掛けのアドバイスや、仕事のムダ取りなど、特定の経営課題解決の手段や手法のアドバイス・コンサルを得る方法です。企業が大きく羽ばたくためには、自社に不足している部分をコンサルタントの活用で補い、常に変革する事を考えるべきだと言えるでしょう。

経営コンサルタントの情報

↑PAGE TOP